びよとま

美容とまんがを略して「びよとま」です。体験談やレビュー多めで美容成分薄いです。

趣味と治療のために、初インド、初アーユルヴェーダ(13)洗い流します

 

恥ずかしいを通り越してもはや癒しです。

トリートメント後の洗い流し…!

f:id:bihakenko:20190608201452j:plain

めっちゃオイルが落ちます。

 

バスルームには私の部屋にあったのと同じ大きさの、大きなバケツと、手桶がありました。

そして、トイレの蓋の上に、それよりは半分位の大きさの薬湯の入っているバケツがありました。

薬湯の色は薄い茶色です。先ほどの薬湯でしょうか。


スタッフさんは、一旦、バスルームから出て、私の部屋から持ってきた石鹸を手に戻ってきました。

大きいバケツにさっと手早く石鹸を入れると、手で勢いよく石鹸を泡立てます。

すごく石鹸が泡だちました。もわわ~。


そして…私の左腕をとって、スタッフさんが泡をつけて擦ってくれました。


なんと、スタッフさんが、身体を洗ってくれるのです‼︎

 

えっ、こんなにお任せしちゃって良いの…?!

スタッフさんは私より年上っぽいので、おそらくお子さんもいらっしゃるでしょうから慣れているかもしれません。

 

私の気持ちは

 

日本とは違うなぁ〜!
インドやなぁ〜

 

感心するなり混乱するなり、です。

 

気持ちの整理がちょっとつかないので、

私は水揚げされたカツオ…

と、イメージしました。

私がスタッフさんなら、患者さんの身体を洗う…子供ならともかく、無理…


日本だと、体を流すのは、大体自分で行うので、悪い意味ではなくて、こんなことまで人にしてもらうんだというカルチャーショックを受けました。

 

水揚げされたカツオ気分維持で

スタッフさんは、私の左腕を擦った後に、私の左側後ろに回ったので、
私は背中を流すんだと理解して、私は右側に体を向けました。

スタッフさんは泡立てた石鹸で背中を洗います。

そして一通り石鹸で擦った後、また元の位置に戻りました。それを見て私も体を左側に戻して、元のポジションに戻りました。

 

また、石鹸を泡立てると次に右腕を私の右腕を持って擦り始めました。

その後に私の首から下〜お腹周りをこすってくれたと思います。

そして、私の手を取って、石鹸を渡してきました。

 

??と思っていると、お腹の下を指差します。なるほど

 

セクスィーゾーンを洗う

 

と言う事ですね!

 

私はわかったので目を見てうなずき、洗いました。

 

洗い終わって、石鹸を手にして「戻します」のポーズをしたところ、手桶で石鹸と手を洗い流してくれました。

 

インド式、シャンプーの仕方(?)

 

その後スタッフさんは、手桶でお湯を汲み、私の顔に静かにかけました。

 

そして石鹸で私の顔と耳をくるくると石鹸泡立てた石鹸で石鹸の泡で擦っていきます。

大人になってこんなに身体を洗われるなんてことはないので、えもいわれぬ気持ちというか、小さい頃を思い出すな~と思いました。

 

なんかこそばゆくてちょっと笑ってしまいました。

 

薬湯で顔と耳を流した後に、スタッフさんがシャンプーを手桶に直接(!!)入れて、その手桶でトイレの蓋の上にある薬湯を汲んで、がーっと手を回して手早くシャンプーを泡立てます。

 

大胆。しかし効率的ですね。

 

そしてそれを私の頭にかけて5本の指で、丹念に頭皮を、髪を、ほぐすように、揉みこむようにシャンプーを行き渡らせていきます。美容院でもシャンプーって眠くなりませんか、あんな感じです。

 

この気持ちよさがもっと続いてほしい…と思うのですが、一通りシャンプーが行き渡って、泡も立ったなぁ、首まで泡が流れてきたぜ、と言う頃に、残念ながらお湯がかけられてしまいシャンプー終了です。

 

そして最後に、まんべんなく腕背中足と手桶でお湯をかけて流していきます。

 

トリートメント後の過ごし方に続きます。