びよとま

美容とまんがを略して「びよとま」です。体験談やレビュー多めで美容成分薄いです。

趣味と治療のために、初インド、初アーユルヴェーダ(21)インドの空港近くのホテル、じっとりする

ホテル選びは慎重に

 

涼しくない部屋で、すごす

 

f:id:bihakenko:20190701224506j:plain

部屋の前の廊下の窓からパシャリ


ホテルの部屋はバスルームに換気扇がないため湿気がもろに部屋に入り込みます。

 


私はよくわからず、NC(エアコンなし)

の部屋を選んでしまったため、天井にファンがあるのみ…。

 


そのファンも、空気をかき混ぜるだけなので、全く涼しさを感じません。

 


空気の入れ替えだ…!

 


私は、本当は無用心でよくないのでしょうが、暑さのあまり家のドアを開けて、入り口に椅子を置いて固定、廊下の空気を部屋に流れるようにしました。

 


このホテルは滞在者が少なかったので、できたことです。

また、相場も空港価格でお高めなので、宿泊客の民度は高いでしょうから危ない目にあう危険は低い、と判断しました。

 


でも次第にやっぱ暑いなぁと感じるようになりました。

 


そのため、廊下の窓を勝手に開けることにしました。

 

 

 

田舎なので珍客あり

窓開けようと廊下に出ると、勝手に何やら動く影がありますで、そーっと近寄るとイモリ?ヤモリ?でした。

 


5センチほどのちっちゃいヤモリです。

 


ホテルの外側は、野原になっているので、3階とは言え、入ってくるのでしょう。廊下から野っ原を見ると、牛が繋がれています鶏が乗っかったりしてとってもほのぼのとしたインドの田舎の様子です。


私はぼーっとしたりなんかして過ごしました。

 


本当に暇なので、お風呂に入ることにしました。

 


バスルームがなんというか、アンモニア臭がします。もしかして、私の前の宿泊者にお子さんがいて、トイレ間に合わなかったのかなあ…そんな想像掻き立てられるような匂いです。

 

私はこの部屋に安息の地がない。と思いました。インナーを洗濯し、さっさと出ます。


日本から持参したハンガーに洗濯物をかけます。

 


そして、ホテルの外の灯りが明るいので、アイマスクをして寝ました。

 

睡眠負債、解消


ふと目をさますと、朝の8時です。

 


よく寝ました…!

 


私は滞在中にアレルギーが出て、かゆみでよく眠れない日がありました。

その睡眠負債をここで解消した感じです。

 


あの睡眠不足があったので、

寝苦しい中もしっかり眠れました。

私はアレルギーに感謝しました。

 


インド出発のフライトは0:00過ぎのため、半日以上時間があります。

 


私は、空港で涼みながら、ご飯を食べたりしたい、空港をエンジョイしたいと考えました。

成田空港や新千歳は、いろいろ見ているだけでも楽しいので、同じ感覚でいました…!

 


また、ホテルスタッフが嘘をついたりしたので、こんなところは嫌だからさっさとチェックアウトしたいのです。

 


なんか変な費用を請求されたら困る。

 


用心です。

私は外国ですから、かもしれない運転方式で慎重に行動することにします。

 

チェックアウトだよ


さて、フロントでチェックインを依頼すると、とても不思議な顔をされます。

 


「空港の時間まで泊まっていったらどうか」

延泊を勧められます。

「空港や街を見たい」と、断りました。

 


スタッフは、怪訝そうな顔をしつつも、チェックアウト手続きをしました。

 


後から考えると、スタッフの怪訝そうな顔も納得だったのです…。

 


カード払いのための移動

 


カードで払うのですが、なぜか、スタッフが玄関ポーチに車をつけます。

 


??

 


「no ploblem」

 


「カードを切るのは他の場所」とのことです。

えっ、言ってくれや!

 


私はあとで、booking.comにこのことを書かなくては、と、謎の使命感にかられました。

怖いやんけ…。

 

 

インドで

ホテルスタッフとはいえ、

見知らぬ車に乗る…

一人で…

 


怖いなあ、大丈夫かなぁ…(稲川淳二の読みで)

 


顔がこわばっていたのでしょう、ホテルスタッフは、再度私に、

 


「no ploblem」

 


と、言いました。

 

二回嘘つかれてるからな…!

 

本当かな…

 

パーパパーパパパパー!!(車で移動の効果音)


さて、車で5分ほどなところに移動しました。

同じ系列のホテルと思われます。

 


早速カード払いの手続きです。

 


カードを差し込み、暗証番号を入力…

 


待ちます…

 


待ちます…

 


待ちます…

 


なかなか、反応が返ってきません。

 


不安になりました。

 


カードが切れなかったらどうしよう…!

現金が足りないよ…!

 


もしくは、

 


カードが切れない!とかって脅されてなんかされたらどうしよう…。

 


インドに行ってはいるものの、私は

 


アーユルヴェーダを信用しているだけで、クリニックにいたインド人以外のインドやインド人を正直、信用していません。

 


クリニックにあった日本人の本に、

1.友達のインド人のお父さん

2.その友達のインド人の旦那さん

に、騙された話を読みました。

 


他人ならともかく、娘の友達や、嫁の友達を騙してお金を詐取するのです。

 

意味がわからないです。

そんなん、すぐばれるやろ…!!


私は、先日の、銀行でカードが使えない時並みの緊張をしました。

 


長いように思われた、待ち時間。

結果は問題なくカードを切ることができました。

 


ありがとう!エポスカード!

頼りになるぜ!

次回もよろしくね!

 


私は日本のマルイに感謝を捧げました。

 


そして、このホテルは空港送迎付きのため、コーチン空港へ送ってもらいました。

 

ついに、コーチン空港へ


車から降りる前に、スタッフさんにチップを渡しました。

えっ、という顔をしたので、想定外だったのでしょう。

 


そして、無事、空港に到着したので、私は笑顔になって、ホテルスタッフに「ばーい!せんきゅー!」と言いました。

ホテルスタッフも、笑顔で「bye」と返します。

 


私が空港について、めちゃ安心したのを分かったのでしょう、スタッフさんは笑っていました。