びよとま

美容とまんがを略して「びよとま」です。体験談やレビュー多めで美容成分薄いです。

趣味と治療のために、初インド、初アーユルヴェーダ(5)

夜中到着で眠かったです…!

 

クリニックに入ります

 

クリニックは写真で見た通りでした。

スタッフさんが私の荷物を持って玄関に入ってきます。

私も続きました。
薄明かりの中で見ると彼は裸足になっています。私は靴で上がってしまいました。

そこで私は「sorry」と言って靴を脱ごうとしました。しかし、スタッフさんがそのままで良いと言ったのでとりあえず私は靴のまま進んでいきました。
二階に上がってすぐの部屋に通されました。

「さんきゅー」
といって、スタッフさんと別れました。

 

問い合わせから、半年

 

無事、クリニックに到着…去年末に問い合わせて半年…本当にインドに来ている…!!
ウフ、ウフフフフ…。


感動したのもつかの間、もう4時過ぎです。


めちゃくちゃ眠いです…しかし私はお風呂に入らずに布団に入るのは生理的に受け付けません。ちょっと潔癖&神経質なのです。
絶対にシャワーに浴びたいと思いました。

 

部屋に着替えて布団で眠りたい。と、道中は考えていたので、荷物を置いて、簡単に着替えやパジャマ、タオルなどを出して、さっそくバスルームに入ります。

 

インドのバスルーム、初

f:id:bihakenko:20190603125956j:image

シャワーらしきものがトイレのそばにあります。
これはうわさに聞く、のトイレ用のやつだろうか。

 

トイレと反対側の壁に、2つの蛇口があります。

 

そして大きなバケツ、手桶があります。

両方の蛇口をひねってみました。しばらく待ちます。どちらかがお湯のはずです…。

 

しかし、結果は両方とも水でした。


また肌寒い月です。でも、ぎり行ける…!!!体を流さないなんて考えられない…!!

 

意を決して私はお水を浴びました。
気合じゃあ!!


私は少し寒さを感じながら、明日の朝はお湯が出るかどうかを確認しなくてはいけない。と、思いました。

軽く流して、さっさと体を拭いて持ってきたパジャマとに着替えます。

部屋のドアにスケジュールが貼ってあります。

薬の時間と食事の時間とお茶の時間です。

 

6:00 薬

6:30 お茶

8:30-9:00 朝食

13:00 ランチ

16:00 お茶

20;00 晩御飯

 

私は南インド料理が好きなので、トリートメントもさることながら、食事もめちゃめちゃ大楽しみにしています。

 

東京付近だと南インド料理やカレーを食べられるところがあるので、調べて食べに行くくらいです。

 

なぜか、東京の真ん中から西のほうが多いように感じます。

東京駅新橋付近にもっとできてほしい、手ごろなお店が!

 

 

私は起きるのを楽しみにベッドに入りました。ベッドは、掛けるものがタオルケットです。